about Art Therapy

line-butterfly

臨床心理学に根差した心理療法
「表現アートセラピー」

現在の一般的な臨床心理学的カウンセリングは、アメリカの心理学者であるカール・ロジャースによる「来談者中心療法」を基にしています。

(カウンセリングという場はクライエントが中心になって進行し、カウンセラー側は常に「寄り添う」姿勢でいるのが基本とされています。)

このカール・ロジャースの娘であるナタリー・ロジャースが、「来談者中心療法」をベースとし、それを芸術に応用させたのが私の扱うアートセラピーです。

限りなくクライエントが自由であることを大切にし、表現の仕方や道具にも際限がありません。

トラウマ治療、インナーチャイルド、グリーフケア、ドラマセラピー、オーセンティック・ムーブメント(ダンスセラピー)、歌などの多種多様なアプローチが存在し、様々な悩みや心理的な状況にも対応します。

学校や企業の研修でも使われており、クライエントの創造性を引き出すと共に、眠っていた感覚が戻ることで新しい世界を知ることができます。

何故アートセラピーがいいの?

  • 非言語のオーダーが出せる
  • 言語化できない感情が分かる
  • 思考を落ち着かせる
  • 自分の感覚が研ぎ澄まされる
  • 心理的、精神的な癒しがある
  • 人とシェアリングすることで、感覚の言語化ができる
  • 深くやると変性意識に入ることが出来る
  • トラウマの治癒も可能
  • エビデンスがある(日本では今後修士課程にも組み込まれる予定)
  • 病院や臨床現場で実践されている実績がある

line-butterfly

アートセラピーの個人セッション

深い癒しをもたらし 未来の世界を見る アートセラピー 体験セッション

心の奥にある感覚を呼び覚ます

心の奥深くにアプローチし、眠っていた直観を呼び起こします。非言語オーダー攻略&未来のビジョンを見る&心の癒しが同時体験できます。

Copyright© 原ひろ子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved.