loader image
ABOUT
本気で運命を変えたい方へ-起業、経営、自分ビジネス、恋愛、親子関係、お金…様々なジャンルの願いを連動して意図的に現象化させる具現化脳心理学主宰のはらひろこです。

ひとりごと 具現化ブログ 具現化全般

楽(ラク)をやめると具現化に近付く

 

 

乙女な皆さま、おこんばんわん。

 

最高の具現化

芋づる式の具現化

そこに近付きたい場合、意識して欲しいことがあります。

 

それは、

楽(ラク)ではなく、至福を選ぶこと。

 

⭐️今の現状がきついから、楽がしたい

⭐️お金を稼ぐために、至福じゃないけど慣れてる仕事を続けるのは楽

⭐️寂しいから、(別に至福じゃないけど)なんとなく馴染めない人たちと無駄につながる(ある意味、楽)

⭐️現状を変えるのは怖いから、オーダーで最高のものがあったけど、もう少し縮小したビジョンに変える(これもある意味、楽)

⭐️現状を変えようとしたら、あなたはもっとここに居なよ、的な現象があった。だから変えるのを止めた(慣れてるから、楽)

 

こういう状態にあることを選ぶ限り、芋づる式な具現化は起こりにくい。

そして何より、自分は全く進化しない。

 

 

具現化脳心理学とは、願いを具現化していくことを表面上の目的とはしているけれど、その真髄は「自分の進化」にある。(進化して在り方が変わるから→具現化するのです。在り方が変わらない限り結構つらいです)

表面上の願いがいくら具現化しても、それを受け取る自分の精神レベルが進化していないと、叶った後にまた次の悩み事や不満が出現するし、立ち位置もあっという間に元に戻る。(私も経験済。)

 

世間から非常識と言われようと、まず自分がワクワクして至福なのがどうか?が大事だよ

そこをいつもセッションでお伝えしてますが、これが何故かと言うと

本当に至福レベルのオーダーが出ると、妥協や惰性から来る楽(ラク)を選択することが馬鹿らしくなるからです。

 

 

ちなみに私は、昔のことですが実家を出たい

でもお金がない

審査なんて勿論通らない

寂しくなりそうだし、怖い

と思って、それをずっと先送りしてたことがあります。

 

そしてこの時はいつも実家で不満をたれては親と喧嘩して、なんだかいつも不満顔なギスギスした人間でした。

 

この時の私は、今考えると何年間も楽(ラク)を選択してたんですね。

お金を稼ぐのも、実家から出るのも、当時の私にとっては自分のチカラでは無理なことだと諦めてたんです。

(自分には力がないと認めることも怖くて、いつもイライラしてました)

 

でもある時、独り暮らししたーい!でも、恋もしたーい!の願いが強くなって爆発した時に(多分ここでオーダーが無意識に出てた。具現化知らなかったけど)

住みたかった町に住んでた人と出会い▶恋に落ち▶独り暮らしをして彼と近付こうと決めた▶本気で決断したので、お金ないのに親に言う(今考えると本気オーダーになってた)▶親は当初大反対(実家大荒れw)▶自分で勝手に内見を繰り返す▶理想の物件に出会う▶友達の不動産会社が奇跡的に審査を通してくれる▶親がお金をまとめて出してくれる(ここの親が出してくれた部分に、げーっとなる方は、お金に対する観方が低いかも😅ここも意味づけ変えると面白いことになるよ。お金が得意になる)

 

で、あれよあれよと言う間に一か月程度で、完全に無理と諦めてた独り暮らしの意図が叶ったことがあります。

 

(で、独り暮らししたらその彼はお役目終了とばかりに嫌な人に変身したので、こっちから振りました。これも今考えると、独り暮らしに導くために、自分が必要で登場させてた人と言える。恐らくは、1人きりで実家を出る選択をするのが怖かったのだと思うし、恋がある意味、実家を出る原動力になった。

そして理想の物件で、大好きなインテリアを詰め込んだ空間は、私の至福空間となりました♡なんでもっと早くこういう生活したいって決めなかったんだろう…と独り暮らし始めた時に思いました)

 

この時は全く気付かなかったけど、なんか決めると色々動くもんやな、しかも急に…と自分で驚いてました。

ちなみにここまでの分かりやすい話じゃないけど、起業する時も法人化する時も、楽を止めさせる現象が私自身にはこれまで沢山起こってきました。

 

オーダーは本気で決めると色々動くのが常なのですが、どれだけ強く願っても、楽(ラク)を選択する自分である限りは、実は何も変わりません。

私の上記の話が良い例え話だとは思う。

 

 

(ちなみに超重要なことは、うちは恋愛のお客さまが多いので敢えて書きますが、こういう類の楽をしている分野、仕事や家庭生活、独立、お金など、を恋愛を動かそうと執着するより前に、先に動かすことが大事です。

私の場合もこの独り暮らしの後に運命的な相手と出会っております。でも実家に居た頃のエフィカシーのままなら、恐らく彼とは続かず、すぐ破綻したでしょう。あの頃とは明らかにエフィカシーが違う。だからこそ恋も上手くいく。)

 

 

こういうたぐいの楽(ラク)というのは、妥協や惰性から来るものなので、しているご本人も至福ではありませんし、色々と不満だらけです。

でもこの状態が楽だと感じ、メリットと思ってるうちは、変えるのはなかなか怖いもの。

(ちなみに、ここを超えると、至福の楽というものもあります。これは最高の楽です♪)

 

こういう状態を抜けるには、やっぱり基本の、「最高に幸せな至福のビジョン」を意図して決めることが先。

 

楽を止めるのは怖いことなんだけどね。

でもその妥協から来る楽は、自分の本当の意味での幸せには繋がらない、とある意味で「気付く」ことが大切です。

 

みんな多分、私の話だと、これが「妥協の楽」ってわかるんだけど、自分の話になると結構分からなくなったりするのよね。笑

でも少し時間があったら、こういう楽(ラク)を日々選択してないかな?って見直してみてね。

\どれかポチっとして頂けると励みになります!/
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへにほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

これまでのお客様の具現化

  • 副業でカウンセラーデビュー、月商50万達成
  • コーチとして独立、月商10万円→100万円突破
  • 理想の男性と出会い、結婚を前提に交際開始♡
  • 音信不通の彼とご縁が復活
  • ボーナスを意図をし、臨時ボーナス数十万円が入る
  • 苦手な人が転勤&好きな人だけに囲まれる理想の職場環境が具現化

-ひとりごと, 具現化ブログ, 具現化全般
-,

Copyright© はらひろこオフィシャルサイト , 2022 All Rights Reserved.